見出し画像

採用活動の「成功」に向けて、意外と抜けがちな3つの観点

みなさま、こんにちは。
株式会社フロム・エージャパン白田です。

今回は、採用活動の「成功」に向けて
意外と抜けがちな観点を3つご紹介したいと思います。
 


◆No1:採用したい【良い人】が言語化されていない。
 
良い人の定義は人によって様々…。
言語化することがなかなか難しいですが、
自社にいる「活躍している従業員」や
面接官が思う「優秀な従業員」の具体的な名前を挙げてみると
【良い人】が立体的になってきますよ。
 

◆No2:【採用基準】が決まっていない。
 
採用基準、特に採用条件が決まっておらず、
求人広告や面接でのミスマッチが多発している。
 
例えば、
・働き方(勤務時間帯/日数/曜日/休日)
・スペック(年齢/性別/経験/資格)
・業務範囲(給与/仕事内容)
 
以上の全ての項目を求めすぎた結果、
半数以上から面接後に辞退が起こることも…。

◆No3:【目標採用単価】がアバウト。
 
【この状態になったら「〇」「×」】を具体的な数値で決めておくと
どのくらい進捗しているのか結果を振り返りやすくなります。
それにより月1回のPDCAサイクルも構築しやすくなり、
採用活動を進める上での課題解決につながります。
 
<課題解決の例>
・全店舗の定例欠員集約
・各媒体スコアの採用単価データの一覧化
・応募~面接~歩留まりデータの一覧化
・店舗から現場への採用者プロフィール共有
 
目標採用単価を明確にすることで、
「予算内で良い人を1人でも多くコストを抑えて採用したい」
という目標に確実に近づけます。


いかがでしたでしょうか?
言われてみれば確かに意識できていないかも…という観点があれば、
ぜひ取り入れてみてください!


#フロム・エージャパン #採用支援 #採用活動のススメ方 #採用広報 #求人広告


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!