見出し画像

HRサービスは【データ×AI×人的資本】の世界観へ!採用のプロが『HR EXPO』で見た最新トレンド&注目サービス

2024年6月回のウェビナーレポートをお届けします!

さっそくですが、今回のお題はこちら――
採用のプロがHR EXPOで感じたHRサービスの「最新トレンドと注目サービス」

AI とのかけ合わせで、ますます目が離せなくなってきた最新の HR サービスの数々。
採用のプロである当ウェビナーのスピーカーが、盛りだくさんなEXPOの内容をギュッと凝縮し、最新トレンドと注目のサービスをお伝えします。

気になるサービスは要チェックです!

スピーカー:
神宅 謙一郎(かんやけ・けんいちろう)
 WaGaGoToプランニング代表
長屋 悠(ながや・ひさし)
 株式会社フロム・エージャパン エグゼクティブマネジャー

さて、今回のポイントは、この4つ――

  • HR EXPO 2024 の概要・傾向

  • 気づきのキーワード7選

  • 気になる面白サービス紹介

  • 今後の HR を考える

では、まずは HR EXPO 2024 の様子をざっくりと。

◆HR EXPO 2024 の概要・傾向

HR EXPO[春]とは、例年ゴールデンウィーク明けに開かれる日本最大級のHR展示会。毎年、最新のHRサービスが出展されるのに加えて、近年はHR テクノロジーに注目が集まっており、全国の総務・人事担当者のみなさんが集まる一大イベントとなっています。

2024年は、5月8日(火)~10日(木)の3日間にわたって東京ビッグサイトで開催され、延べ人数で約3万4000人が来場。実際に参加した当ウェビナーのスピーカーは、広い会場内を2万歩ぐらい歩きまわりました!

それでは早速ですが、今回の HR EXPO に出展した292社の内訳を見てみましょう――

昔はリクルート、マイナビ、パーソルなどが出展する「採用メディア」の数が多かったのですが、なんと今では7社。「ATS・採用管理」も4社と少なくなっています。

それとは逆に「RPO・採用支援」が27社と増えています。去年までは、これほどの数はありませんでした。「健康経営」(ウェルビーイング)も47社となっていますが、こちらは採用が厳しくなった昨今、従業員の離職防止策として注目されているサービスです。

そしてダントツに多い「福利厚生」は70社ですが、実はここには興味深い変化が潜んでいるんです。それについては、後ほどご紹介します。


◆気づきのキーワード7選

さてここで、今回の HR EXPO 2024 を読み解くためのキーワードを、ジャンルごとに7つ、提示したいと思います。併せて、今回出展されていた中で、それぞれのキーワードが導き出されることになったサービスについても、簡単にご紹介します。

【中途採用】

・キーワード:「AI × 採用マーケティング

◎「リクナル

ひと言でいうと、ダイレクトリクルーティングの代行を AI が行うというもの。AI が直接データベースに入って、自動でスカウトを送って面接に誘導。
待てど暮らせど紹介が来ない! という悩みを解消します。
今回のイベントの RPO の中で唯一、AI を使ったサービスでした。


【新卒採用】

・キーワード:「超早期インターン × 採用広報

◎「インタツアー」
・学生向け

・企業向け

超早期じゃもう遅い!?就活前の学生(大学1・2年生)と、超超早期から学生と接点を持ちたい企業をWIN-WIN の関係に導くマッチングソリューション。それだけでなく、SNSを活用した採用広報・学生インフルエンサーマーケティングも可能です。
学生にとっては早めの業界研究にもなるし、有償インターンとして報酬を手にできるメリットもあります。


【人事・労務管理】

・キーワード:「超廉価版出現 成熟市場へ」

◎「ヒトマワリ

月額2万円から使える労務管理システム。
超シンプルなシステムで、きわめて使いやすい。今まで紙で管理してた企業にも優しいシステムです。

クオリティの高いサービスが、これだけ廉価になるということは、
マーケットが非常に成熟していることの表われだと言えます。


【タレントマネジメント】

・キーワード:「マネジメントからマーケットプレイスへ

◎「HRMOSタレントマネジメント」

人が採用できない!に対して、社内の人材を最大限に活用し「人事異動」「プロジェクト」で人不足を解消していくというもの。
HRMOS(ハーモス)はもともと、応募受付のシステム。それを労務管理にまで伸ばしてきましたが、さらに進化して社内人材活用の領域にまでリーチしたサービスです


【エンゲージメント・教育】

・キーワード:「アナログ × デジタルのハイブリッド

◎「ourly(アワリー)」

◎「ourly profile(アワリー プロファイル)」

社内報を出発点にして、経営理念の浸透や人材教育に活用できる社内SNS。
さらには、社内での思いがけない出会いなど、インナーブランディングインナーコミュニケーションが改めて見なおされています。


◎「INSIDES(インサイズ)」

部下との面談、どうする?そんな課題解決に役立つのが、
失敗しない1on1の実践を支援する DX ツール

面談の前にメンバーの悩みを可視化。前情報を得て面談に臨めるようになります。「マネジメントの仕方を育てる」という観点をもとにしたサービスで、教育研修の老舗リクルートマネジメントソリューションズだからこそ
提供できるサービスと言えます。


【ウェルビーイング】

・キーワード:「データ活用 × AI アラート

◎「ミキワメ

入社時の適性検査から入社後のコンディションチェックまで、一貫したウェルビーイング環境を構築するためのツール。

社員のメンタルの問題について関心が高まっている昨今。
このサービスを提供している会社では、以前は離職が多かったのだそう。それを反省した社長が、社員がもっとイキイキできる会社をつくるためのサービスを開始。もともとはサーベイ(適性検査)を行う会社だったので、そのノウハウを活かして始めました。

マネジメント側とマネジメントされる側、それぞれに調査を行い可視化。そうすることで総務・人事も介入しやすくなるのです。
社員一人一人に何をしてあげたらいいのかどんな言葉をかけてあげたらいいのかを見える化します。

◎「Attuned(アチューンド)」

どうやったら人って頑張るの?
その人がやる気になるスイッチはどこにある?
これ、人材マネジメントの大きな課題ですよね。

メンバーそれぞれのモチベーションを可視化することで、それに沿った声かけを可能にし、早期離職を防ぎます。


【福利厚生】

・キーワード:「娯楽から戦略利用へ

福利厚生のサービスって、導入してはいても、使われない場合も多い…と思いませんか?食事券とか映画の割引券とか保養所とか…。実際の利用率は10パーセントほど、と言われたりもします。
とはいえ、あまり利用されていないからといって、なくしてしまっていい、というものでもありません。

そんな福利厚生を、経営側からのメッセージや業務支援、学びの支援などに絡めて、戦略的に活用していこう、というサービスが登場してきています。
その会社ならではの福利厚生なら、メンバーも嬉しいかも。

◎「miive(ミーブ)」

◎「HQ(エイチキュー)」

サービスの中身も重要ですが、こうした考え方が生まれてきている
ということが重要なのかもしれません。


◆気になる面白サービス紹介

さて、かけ足になってしまいましたが、7つのキーワードに沿って HR EXPO 2024 の概要をお伝えしました。これらに加えて、当ウェビナーのスピーカーが気になった注目のサービスをちょっぴりご紹介します。

◎「なやさぽ

これも「エンゲージメント」分野ですが、サービス内容はズバリ「AI に匿名で悩みを相談して離職をストップ」。それだけ聞くとシンプルすぎる気もしますが、これがなかなか効果バツグンなのだそうです。

もともとは開発者が、社内向けに作成したものでしたが、導入してみると離職者が激減。効果あり過ぎ!ということで社外販売を始めたとのこと。

気軽に相談できます”と定型文のように言われても、相談する相手が人間だと、なんだか億劫になってしまいますよね。
また匿名で AI に相談できるので、ちょっとした愚痴を聞いてもらうなど、ガス抜き的な使い方もできそうです。

◎「Pathos Logos(パトスロゴス)」

マーケットには、それぞれに領域をしぼり込んだ利便性の高いHR SaaS が数多くありますが、それらと競争するのではなく、共創しよう、つなげてしまおう! という発想が素敵ですね。

プラットフォームを提供することで標準化が促進され、個社ごとに使いやすい HR SaaS を選んだ上で連携できます。

競合や競争相手だと思ってたのに、じつは良きパートナーさんたちでした!
みたいな感じでしょうか。


◆今後の HR を考える

HR EXPO 2024 レポートということで、HR サービスの最新トレンドと注目のサービスをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。
最後に、今後のHRを考えていく上でのポイントをお伝えしたいと思います。

ここ7年、HR EXPO に通いつづけてわかったのは、様々なものがどんどんデータ化している、ということ。それが社内外でビッグデータとして蓄積され、AI で活用する、というのが大枠と言えます。
また、人もデータであり、そこを活かしていくというのが、すべてのサービス・商品に共通しているのではないでしょうか。

現在、社内のデータ化がまだ進んでいないようであれば、なんらかの形でデータ化をするべきでしょう
とはいえ、ただデータ化すればそれでいい、ということではないですし、AI に丸投げしてしまえばOK! というわけでもありません。

人が採用できない・採用がむずかしい世の中だからこそ、人を大事にする。そのためのサービスもいろいろあります。

『データ × AI × 人的資本』

この3つのかけ合わせが、これから重要な世界観になってくると思います。




2024年6月回のウェビナーレポートは以上です。
このレポートを読んで、もっと濃く知りたい!スピーカーのトークをダイレクトに聞きたい!と思われた方は、
ぜひぜひウェビナー「オンライン採用サロン」もご視聴下さい。
次回のテーマはこちら!

 #オンライン採用サロン #ウェビナーレポート #HREXPO #採用 #採用広報 #人事 #HR #最新サービス #イベントレポート #RPO #AI #DX化
  


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!