見出し画像

人事のパワーをコア業務へシフト!RPO導入のポイント

■「RPO」とは…?
「Recruitment Process Outsourcing」の略で、採用の代行サービスのことを指します。
募集要件の設定から、面接・応募の管理、インターンシップ等の採用企画など、採用に関わる様々な業務を依頼することができます。


■RPO導入のメリット


<採用力を強化できる>
採用を専門としてサービスを提供しているベンダーへ
業務を委託することで採用業務そのものの
クオリティを上げることが可能。

<人事部門や採用担当者の負担が減る>
採用担当者の負担を削減し、
コア業務への集中を高めることができる。

<採用のパフォーマンスを可視化できる>
費用対効果の可視化スキームを持っているベンダーへ
委託することで自社採用活動を数値で可視化して
評価できるようになり、
より採用業務を効率化することができる。
 

■RPO導入のデメリット


<自社に採用のノウハウが蓄積されない>
外部委託することで、本来得られるはずだった
採用ノウハウが自社に蓄積されないリスクが生じる。
       
<コストや工数がかかる>
適切な料金体系の把握と委託業務の整理ができないと、
結果としてコストが膨らんでしまうケースも少なくない。

自社内で完結する業務と委託する業務の
明確な切り分けが行われていない場合、
業務を進める際に双方で混乱が生じやすくなり、
社内での工数を増やしてしまうケースも起こりうる。
 

■RPO導入にあたり気をつけること

<業務と役割分担を明確にする>
各業務が複雑に繋がりあっている採用業務。
委託するにあたり「業務」と「役割分担」を
明確にすることがポイント。


<委託先とは密にコミュニケーションを取る>
「採用業務定例ミーティング」を設け、
情報や進捗状況の共有・確認、今後の委託業務範囲の
協議などを適宜行うことで混乱を抑え、コスト増を避ける。
 

■まずはご相談ください!

 「採用手法が多岐にわたりすぎて考える時間がない」

 「採用業務に時間がかかりすぎて定着化施策を考える時間がない」

 「担当者の残業時間をなんとかしたい」

 「面接業務・応募受付業務が煩雑だ」

 どうしたらコア業務に割く時間を捻出できるのか?
 競合他社はどうやって採用戦略策定にパワーを掛けているのか…?

 RPO導入事例と合わせて、サービスのご紹介も可能です。
 ぜひお問い合わせください。



#フロム・エージャパン #採用支援 #採用のコツ #RPO #採用代行サービス

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!